読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

takehorse’s blog

嘘は言わない

Jリーグ第2節 FC東京vs横浜マリノス

サッカー観戦レビュー

 

FC東京vs横浜マリノス

この試合はハリルホジッチ新監督が見に来ていたため、注目度が高い試合でもありました。

 

両チームのフォーメーション

FC東京、4-3-3

横浜マリノス、4-4-2ほぼ1トップ

FC東京は今季から入った前田と武藤の2トップ。横浜マリノスは斉藤が自由に動ける1トップにしてアデミウソン兵藤が空いてるスペースに飛び込んでいくスタイル。

 

前半、終始FC東京ペース

序盤からFC東京のパス回しが冴える。攻撃の起点はやはり左サイド、太田からのクロスに武藤、前田で崩したいのがうかがえるが、そこは研究されているせいか、なかなか簡単にはいかない。何か変化がほしいところ。

 

FC東京武藤、前田が連携取れてないせいか動き出しがかぶるところがある。

マリノスは斉藤らが前線でなかなかボールをキープさせてもらえず、FC東京のチェックに苦しむ。

そんな中、前半15分フリーキックからアデミウソンの高さのあるヘディング!得点のにおいをうかがわせる。アデミウソンはこの後にもDFを外してシュートを打っている。ゴールへの意識が非常に高い選手だ。

FC東京はボールを回すだけで、トップの2人になかなか当てれない。

マリノス中村俊輔がいないせいか、いまいち攻撃に怖さがない。サイドでパスを回すのが精一杯。

 

両チーム、膠着状態がしばらく続く。

 

FC東京はボールをキープするも、シュートまで持っていけない。少々遠くてもシュートは打っていくべきだと思う。

前半40分、マリノスがようやくいい形を作る。斉藤のドリブルからDFを崩し、最後藤本のシュートまで持っていけた。前半の中で一番いい崩し方だった。

 

後半、両チーム見せ場を作り始める

後半6分、開始早々武藤にビッグチャンスが訪れる。右からのCKにドンピシャで合わせるが、バーを叩く。あれだけフリーにさせてもらってたのなら、きっちり決めておきたいところ。

後半8分、マリノスにも好機が訪れる。右サイドから斉藤がドリブルで侵入、兵藤に絶妙な形でパスが渡りシュート。しかし、権田の神がかったセーブに阻まれる。その後にもCKのもつれから兵藤がうまく抑えたシュートを放つが、またしても守護神に止められる。権田はこの2本で確実にハリルの心を掴んだに違いない。

 

FC東京の課題とマリノスの選手層の薄さ

武藤はドリブル、パス、センタリングが決してうまい選手じゃないので、中央で勝負させるのがいいと思う。ドリブルでしかけてはいたが、怖くないように思えた。しかし、今日の試合のように前田が中央にいるとバランスを取るのに集中してしまい、武藤の良さが消えていた。二人がうまく共存できるとチームの攻撃のバリエーションも増えると思う。

マリノスは斉藤がだいぶゲームメイクの中心にいると感じた。裏を返せば、斉藤さえ止めてしまえば後は怖くない。斉藤や中村俊輔がいなくても攻撃のバリエーションは増やすべきだと思う。

 

そして、この試合ハリルは終始眠そうな雰囲気を出していた。テレビに映るたびにあくびを連発!

試合がつまらなかったのか、スケジュールが厳しいせいかはわからない・・。そんな眠気を吹き飛ばすサッカーをぜひとも見たい!!

 

チュース!!